老犬になったら要注意!!我が家の愛犬を突然襲った前庭疾患の記録

おーせ
こんにちは、2018年12月5日水曜日我が家のあきらくんに突然起きた異変。4時間前までは普通に歩いていたのに、立てなくなり目がぐるぐる

回っていました。その日からの出来事の残して起きたいと思います。

14歳、老犬を襲う突然の眼振と嘔吐

2018年12月5日 (水)

冬とは思えないぐらい暖かい日でした。いつもと変わらぬ日常でした。

15時まで自宅で仕事をし、いつも通りのあきらへの声がけ。息子の習い事で家を空け19時過ぎ帰宅するといつもなら寄ってくるあきらの姿がありません。

あれ・・・?お昼ご飯が半分残ってる・・珍しいな・・

あれ・・吐いてある・・・(2箇所、しかもほとんど消化されていない)嫌な予感・・

お庭のいつものお気に入りの場所へ行くとあきらがうずくまっていました。

「どしたぁ?まだ外がいい?」

暖かい日はあきらは20時ぐらいまで外の風を楽しんで家の中に入ってきます。

ところが・・呼びかけに応じません。

あれ・・おかしい。

「あきらぁ!おい!あきら!どした?」

目が合いません。

あきらの目を見ると小刻みに動いてます・・眼振だ。すぐそう思いました。

愛犬の眼振を見つけたら真っ先にやること

尋常じゃない目の動き、死ぬのかも・・正直そう思いました。

だから、真っ先に

冷静になることに徹しました。

犬は飼い主の声や態度、汗の匂いで全てを察します。ここでギャーギャー騒いだらあきらがパニックになる。

現状把握、記録を取る(撮る)

心拍・流血・怪我・よだれ・耳の聞こえ・嘔吐の有無・うんちの様子・ご飯

お医者さんに聞かれた時正確に答えられるように記録、録画。

その日に撮ったあきらの眼振がこれ

※眼振を見ると人間も酔うので気をつけてね!!

眼球振盪(がんきゅうしんとう、nystagmusNystagmus)は、自分の意思とは関係なく眼球が動く現象。病的なものと生理的なものがある。一般的には眼振(がんしん)と略して呼ぶことが多い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

このぐるぐるじゃ相当めまいがひどそうだな・・ヨダレもポタポタ落ち続けています。

安心できる場所へ移動する

あきらを抱きかかえて家の中へ。リビングに大きめの布団を敷いて、無理やり横に寝かせました。

でも落ち着かず、いつも自分が過ごしている玄関スペースに行きたがる・・

何度か玄関に運んだり、リビングに行ったりを繰り返し、ようやく布団の上で寝始めました。

速攻駆け寄ってくるクロネコのぶたくん(旧こんぶくん)

ぶたくんはあきらが大好きなんです。寝るときはいつも一緒。

今回も我先にとあきらの横にぴったり♡

あきらもいつものぶたくんの匂いで安心したのか・・

体を布団に委ねて眠りにつきました。

結局男たち全員集合でこの日はぐっすり。

専門家(動物病院)に連絡する

この後、夜間やっている動物病院へ電話

今すぐ連れて行くべきか、明日でもいいか・・

状況を詳しく話すと、

「恐らく前庭疾患で間違い無いと思いますが、詳しく見てみないと断定はできないので、緊急を要するようであれば連れてきてもらえればすぐみれます!」とのこと。

激しい嘔吐や痙攣なども無いため明日かかりつけに行きます

と電話を切りました。

※病院がやってる時間帯だったら即連れて行った方が良いです!









コメントを残す